/*「詳細設定」->「headに要素を追加」にコピー*/

高校のクラスで発言権なんて無かった僕が思考力を手に入れたことによって成績が上がり、たった1ヶ月でクラスだけでなく、先生からも一目置かれる存在になるなんて

時間の自己管理って難しいですよね。テスト前なのに全然勉強する気が起きない。突然YouTubeがすごく気になる。暇じゃないはずなのに、やる気でなくてなんか暇。よくわかります。完全に僕です。そんな、僕がある日をきっかけに1日12時間勉強をするようになった理由と、継続するための方法を紹介していきます!

本質なるもののルーツを探る。劣等感まみれの男の下剋上

こんにちは、いぶきです。

 

 

 

今回は、

 

 
「本質なるもののルーツを探る
劣等感まみれの男の下剋上
についてお話していきます。
 
 
 
 
中学時代は文武両道の学生でした。
内申は上手に取れたので、
地元の公立の進学校にはいりました。
 
 
 
決して、裕福な家庭ではないので、
中学、高校と塾に
行ったことはありません。
 
 
 
入学当初、周りのレベルの高さ
圧倒されてしまいました。
 
 
 
入試の自己採点の点数を聞くと
100点満点中、僕より15点以上
高い人達ばかりでした。
 
 
 
そういったこともあり、
僕は目立たない生徒の一人でした。
 
 
 
目の前の席の子が首席で入学して、
新入生代表で挨拶をしていたこともあり、
自分は場違いと思いクラスに自分の居場所
を感じられませんでした。
 
 
 
 なので、
劣等感は常に感じていました。
 

f:id:ku18:20180807173825j:plain

 
自分には才能お金もない
理解していました。
 
 
 
そこで現状を打破するためには、
才能を絶対量でカバーする必要がある
と思いました。
 
 
なので、ほかの生徒よりかは勉強しようと
思い、時間管理は徹底していました。
 
 

f:id:ku18:20180811142516j:plain

 
ですが、
成績は上がりませんでした。
 
 
 
では、首席君との違いは何だと思い
いろいろ聞いていると、
 
 
次に、今まで、
理系科目は暗記科目
と思っていたのに、
 
 
 
「数学は考えて解く」
という理解しがたい
ことを首席君がいうので、
 
 
 
「こいつは何を言っているんだ」と、
思いましたが、
 
 
 
でも、首席君が言うのだから
一回だけ信じてやってみようということで
前の席の首席君
徹底的に真似しました。
 
 

f:id:ku18:20180811215635p:plain

メタモンというか、ストーカー
レベルでまねをしていました。
 
 
 
そんな僕を、彼は拒絶しないで
受け入れてくれました。
 
 
 
彼は問題を解くときは
「箱に石をみつけてはめていく」
とよく言いました。
 

f:id:ku18:20180811014045j:plain

 
初めの3週間は
全く変化はありませんでした。
 
 
箱とか石とか、意味不明
すぎました。
 
 
「なんで、
そんな天才的なことを言うんだ!!
俺でもわかるように言ってくれー!」
と心の中で叫びながら食らいつきました。
 
 
 
ですが、4週間目になると、
なんとなくではあるものの、
 
 
うーん、こんな感じか
 
 
と彼にずっと説明されていたことが
ぼんやりと分かるようになりました。
 
 
 
 
そこからは早かったです。
 
 
 
分からないことがある。
彼にイメージを聞く
 
 

f:id:ku18:20180804220440j:plain

 
それを、自分でイメージできるよう
になるまで同じ問題を解く。
 
 
 
そのイメージを
自分で理解できるように言語化する
を繰り返しました。
 
 
 
 
すると、これも三週間程度で
イメージを自分で最初からできるように
なりました。
 
 
 
 
その頃には、彼の言っていた、
「数学は考えて解く」
ということも納得もできました。
 
 
 
思考力の基礎
がついた瞬間だと思いました。
 
 
そして、このイメージを
言語化する中でどの問題にも当てはまり
最もしっくりきたものが
 
 
 
要素を分解する
というものでした。
 
 

f:id:ku18:20180811142822j:plain

 
彼から学んだ
要素を分解する
というイメージがしっくりきた理由は
 
 
 
 
彼から習うよりも前に、
自分で時間管理をする中で
 
 
 
定期テストの課題をこなすために毎回
二週間の予定たてて、さらに、
1日ごとの予定を作る
という作業をしていたこと。』
 
 
 
これがイメージを手助けしてくれました。
 

f:id:ku18:20180811013906j:plain

 
 思考力を手にしてからは
勉強がとても楽しくなりました。
 
 
 
時間管理ができるので
求めるレベル
まで自己管理をしました。
 
 
 
受験の日もこの二つに助けられました。
 
 
 
 
卒業式の日
学年の首席として、卒業証書授与されたのは
入学式に首席君の後ろに
座っていた僕でした。
 
 
 
すべてのベースに時間管理があります。
そして、自分をコントロールする
ための手段として最強だと考えます。
 
 
そして、思考力を組み合わせて
受験を乗り切りました。 
 
 
自分を動かすのは自分自身です。
受験だけで終わらない、この2つは
大学に入ってからも、いつの時代も使える
最強アイテムです。
 
 
 
目の前の紙になりたい
未来を書いてはどうでしょう。
 
 

f:id:ku18:20180811144246j:plain

 
おのずと、そこまでの
道筋がみえることでしょう。
 
 
 
言語化できなければ未来は
勝手に離れていきます。
 
 
 
 
だれも理解できないから。
言語化するまで
自分でさえ理解できないからです。
 
 
 
 
言語化すれば、理想が勝手に自分に
近づいてきてくれます。
 
 
 
 
希望はなくなり、これから先の
60年以上続くであろう人生
に絶望するのですか?
 
 
 
それとも、
第一志望の大学に合格して、
新たな友達と出会い、刺激的な毎日が
近づくのですか?
 
 
 
言語化で理想に近づく現象は
心理学的に証明されているんですよ。
知識と行動で人生を豊かに。
 
 
 
 

下の記事が最も読まれている記事です。

「読むだけでモチベーションが上がる」

と嬉しい声をいただきます。

読者さんからの反応が最も良い記事です!!

katteniichimoku.hatenablog.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読みいただき
ありがとうございました。
 
 
感想、自分の体験を
アウトプットしてください。
 
 
それは、僕の要素となり、
あなたの、要素となります。
ほかのだれかの要素にもなります。
 
 
 
質問も受け付けてます。